心を専らにし志を致さざれば|8月16日のことです。

Release: 2018/08/16 Update: 2018/08/16
Pocket

心を専らにし志を致さざれば

今夫れ弈の数たる少数なれども、心を専らにし志を致さざれば、則ち得ざるなり。(告子上九章)

【訳】
今、あの囲碁の技術などというものは実につまらない技ではあるが、心を専一にし、志をしっかりと立ててかからないと、やはり会得できないものである。

8月16日、孟子一日一言の言葉です。

専一(その事を第一にし、それだけに気をつけること)。

どんなものでも会得ということになりますと簡単ではありませんね。

志、目標の設定も大事です。

向かうべきゴールがわかっている方が覚えやすい。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください