慢心は成功の敵|10月5日のことです

Release: 2019/10/05 Update: 2019/10/05
Pocket

慢心は成功の敵

復員したある人は、中部地方の村で、百姓をすることに定めた。
分け与えられた土地は、村でも有名なやせ地。植え付けも終わったが、やせ細った稲。しかし、悲観しなかった。「がんばるぞ」と、だんぜん早起きを続けた。毎晩早くに田を見まわる。昼も夕方も。その時は、必ずほめる。二番草にかかる頃から、ずんずんのしてきた。
中秋、私の家に、喜ばしい報告がよせられた。「自分としては上々の成績」と。私は「慢心は成功の敵だ、早く来年の準備にかかれ」と手紙を出した。

10月5日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

時として関係ない行動だと思ってもよい方向に向かうことがあります。

植物や動物でも機械でも道具でもよく褒めるということは大事なことです。

パソコンなんかでも調子が悪くなった時だけでなく普段から整理整頓していくことは寿命を延ばすような気がします。

なんにでもそういう気持ちを持つことが大切なことなんだと思います。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください