放心を求むるのみ|8月23日のことです。

Release: 2018/08/23 Update: 2018/08/23
Pocket

放心を求むるのみ

学問の道は他なし、其の放心を求むるのみ。(告子上十一章)

がくもんのみちはほかなし、そのほうしんをもとむるのみ。(こくしかみだいしゅういちょう)

【訳】
学問の道は外にはない。ただ、自分のなくした心を探し求めることだけである。

〇松陰は、「この言葉は親切着実である。これを加えるものはない」と記している。

8月23日、孟子一日一言です。

本来持っている心をなくしてしまっているんでしょうね。

日々の生活の中、また育ってきた環境などで本来ある心がなくなっていく。

人は生まれながらにして善。

生まれた時にはあるものを取り戻そうとして学ぶんでしょうかね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください