故に兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず。(地形)|6月14日

Release: 2020/06/14 Update: 2020/06/14
Pocket

故に兵を知る者は、動いて迷わず、挙げて窮せず。(地形)

故知兵者、動而不迷、拳而不窮。

「だからいくさのことをよく知っている者(すなわちいくさ上手)は、味方、敵、地形を三つ完全に把握しているので、一度行動を起こせば迷うことなく、ひとたび事を挙げるとなにが発生しても決してたじろがない」
戦争のことを真によく知っている者は、敵情、味方の実力、それに地形についても通暁(つうぎょう)している。
だから、いったん戦闘状態に入ると勇往邁進し、突発事故が起きても動揺しない。まして苦境に立たされることはないのである。

6月14日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

ここまで知り尽くしていれば必ず勝つ。

たしかにと思います。

逆に言えばここまででなければ負けるともいえる。

戦いは勝てる状態でするものだということですね。

いったれーではいけませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください