是の故に、散地には吾将に其の志を一にせんとす(九地)|7月29日

Release: 2020/07/29 Update: 2020/07/29
Pocket

是の故に、散地には吾将に其の志を一にせんとす(九地)

是故、散地吾将一其志。

「それ故に、兵の心が散漫になっている散地においては、わたしは兵士の心を一つにまとめて団結を固めなければならない」
ここの散地は、前述の九地論の”諸侯自ら其の地に戦うを散地と為す”定義とはすこし違っている。敵地における散地とは、”凡そ客為るの道、深ければ則ち専に、浅ければ則ち散ず”と散と関係がある。
兵士の心がバラバラになっている散地である。だから兵士の心を一つにまとめるのが肝要であるのだ。

7月23日、論語一日一話(孔子に学ぶ人生の知恵365)の言葉です。

おはようございます。

散地は戦ってはいけない場所。

兵の気持ちが散漫になる場所ということですね。

自国に近い場所では気持ちが散漫なるとあります。

どこでどう戦うかは重要なことですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください