是(こ)故に、百戦百勝は善の善なる者に非(あら)ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、(謀攻(ぼうこう))

Release: 2020/01/24 Update: 2020/01/27
Pocket

是(こ)故に、百戦百勝は善の善なる者に非(あら)ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、(謀攻(ぼうこう))

是故、百戦百勝、非善之善者也。不戦而屈人之兵、(善之善者也。)

「このようなわけで、百回戦って百回勝ってとしても、それが最善だとはいえない。戦わずして敵を屈服させることこそが、(一番よいのである)」
孫子の兵法の最高傑作がこの言葉である。『孫子』十三篇の結論が、この”、百戦百勝、非善之善者也。不戦而屈人之兵、善之善者也”の二十二文字に集約されているといえよう。
かっこ内は、善の善なる者なり。と訓ずる。
ベストという意味である。

1月24日、孫子・呉子(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

結論とまで言っている言葉は大事にしなければなりませんね。

実際に戦うことは最善ではないということです。

戦わないで勝つ方法を常にリーダーは考えるのが仕事だということでしょうね。

戦わないで勝つ。

どうしましょう。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください