書は精神の表徴|6月13日のことです。

Release: 2018/06/13 Update: 2018/06/13
Pocket

書は精神の表徴

書道における姿勢は、単に字を書くときの身体の恰好だけでなく、文字となって表れるその人の精神の表徴であり、文字にあらわれる至誠の源泉であり、美的情操の凝りみちて、まさに発動しようとする充実の極点です。
その人のこの姿勢に籠りみちた精神が、書にかかれてゆくのであり、姿勢の根元(実は本体)である心が文字となるものですから、書を正しく書くには、どうしても、姿勢を正さないわけにはいかないのです。姿勢を正すということは、実は心を正すということです。

6月13日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

書道のことは実際よくわかりませんが、姿勢を正すということはわかります。

身体というものはまっすぐになっている方がいいということがあります。

すべてではありませんが。

立つこと座ることにおいて背筋がピンと伸びるというのは結構気持ちのいいものです。

一日中は辛いかもしれませんが神経にスイッチを入れるというかやろうと思えばすぐに実践できることでもあります。

背筋に意識を向けてみるのもいいものです。

姿勢が正しいというはだれが見ても美しいですから。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください