月を見る心|9月20日のことです。

Release: 2018/09/23 Update: 2018/09/23
Pocket

月を見る心

十六夜、立待ち、居待ちと、半月もよく、弦月もよい。糸のような月が高杉の秀にかかった風情は、言葉にあらわされない。
しかし、月のその一面を常に地球に向け、太陽光線を受けて常にその反面が光って明るいので、地球上から見たところが、欠けたり満ちたりするだけで、本物の月には何の変化もない。欠けも、満ちも、まして憂いも、悲しみも、よろこびも。
ただ月を見る人の心が、千々に波うち、異なるだけである。

9月20日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

9月というのは空が幻想的ですてきな感じはしています。

そういうことを感じられるような少しのゆったりした時間を作らなければいけませんね。

しかし、そういう時間もいずれは作れる時間だと思いますので今は一生懸命に働くしかありません。

学び実践するその間のひとときこういう心持ちいられる時に感じることにします。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください