未だ以て言ふべからざるか|3月1日のことです。

Release: 2019/03/03 Update: 2019/03/03
Pocket

未だ以て言ふべからざるか

今、既に数月なり、未だ以て言ふべからざるか。(公孫丑下五章)

【訳】
(蚳鼃(ちあ)さんの司法官の士師となり)もう数か月もたったのに、まだ(王の失政を諫めたという話を耳にしませんが)諫めるべき事柄も機会もないのでしょうか。

〇松陰は蚳鼃の心情を「一、諫める暇もなかった。二、同僚、先輩を憚った。三、諫めるべき大事が起きるのを待っていた、のいずれかであろう」と分析している。そして「孟子」本文「未だ」の意味を諫言すべき時などない。事の大小にもかかわらず、速やかに行うべきであるとの意味である」と記している。

孟子一日一言、3月1日今日の言葉です。

諫言するというのは勇気のいることですね。

これを言われた蚳鼃(ちあ)さんは諫言して辞職したそうです。

王様にもよると思いますが何を諫言したんでしょうね。

用いられないということはアプローチを間違ったのかもしれないしなんともいえませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください