株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営 > 日記 > 孟子 > 欿然たらば、則ち人に過ぐること遠し|10月15日のことです。
Release: 2018/10/15 Update: 2018/10/15

欿然たらば、則ち人に過ぐること遠し|10月15日のことです。

Pocket

欿然たらば、則ち人に過ぐること遠し

之れに附(益)するに韓・魏の家を以てするも、如し其の自ら視ること欿然たらば、則ち人に過ぐること遠し。(尽心上十一章)

これにふ(えき)するにかん・ぎのいえをもってするも、もしそのみずからみることかんぜんたらば、すなわちひとにすぐることとおし。(じんしんかみじゅういっしょう)

【訳】
(すでに富んでいる者に、更に)韓氏や魏氏のような富を付け加えてやったとしても、その人が(自分に仁義の道が不足していうことを思い)満足しないようであれば、実に他の人々よりはるかにすぐれているといわなばならない。

10月15日、孟子一日一言の言葉です。

たまたま儲かってお金を得ても、仁義の道を極めようとする人はすぐれている。

そんなことを言ってるのでしょうか。

常に満足することなく道を求める。

なかなか出来ることではありません。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください