歌の心|6月14日のことです。

Release: 2018/06/14 Update: 2018/06/14
Pocket

歌の心

自然の風光に美を見出すということは、実は、内にあるわが心をひらいて美に通じるわが本性を振り立てることである。
「我」とは、小さい肉体に限られているものではない。ほんとうの「われ」は、肉体の外に幾重ものひろがりを持ち、宇宙に充ちている。玲瓏と輝く、限りもなく、きわみもない霊である。
このまだま(真霊)をあるがままの本性に振り立てて、鳴り響かせる。ここに真が輝き、渾然として聖の光耀がある。こうした物心一如の光耀を三十一文字にしらべあげる。これが歌である。

6月14日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

短歌に興味を持つことはありませんでしたがこういう文章を作れるのも短歌を読んでいるから素敵な文章が使えるようになったんでしょうね。

短い文章でいろいろなことを感じさせるというのは国語力も必要ですね。

短歌、俳句、書道。

こういったものに興味をもっていくことも表現することを勉強するにはよいかもしれません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください