死亡を悪みて不仁を楽しむ|4月23日のことです。

Release: 2018/04/23 Update: 2018/04/23
Pocket

死亡を悪みて不仁を楽しむ

死亡を悪みて不仁を楽しむ。(離婁上三章)

しぼうをにくみてふじんをたのしむ。(りろうかみさんしょう)

【訳】
死んだり亡んだりすることを忌み嫌いながら、悪いことばかり楽しんで行っている。

〇松陰は、「『楽不仁』という字を味わいなさい。どんなおろかな者でも不仁な行為はそれと分かる。しかし、当事者はそれを不仁なことと気づかないことがある。結局は、自分自身で深く考えることで、不仁と知ることができる」と記している。

4月23日、孟子一日一言、今日の言葉です。

仁ということについて考えないと不仁にも気づきはしないということでしょうか。

仁とは思いやり。思いやりのない行為だったかもしれないと考えないで過ごしている。

悪い事をすればいずれ罰がくだる。

というのはなんとなくわかることだと思います。

思いやりのない正しくない行いをすることがいいことではない。

考えなければなりません。

人間は自分の都合のいいように考えがちです。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください