殷鑒遠からず|4月22日のことです。

Release: 2018/04/22 Update: 2018/04/22
Pocket

殷鑒遠からず

詩に云ふ。殷鑒遠からず。(離婁上二章)

しにいう。いんかんとおからず。(りろうかみにしょう)

【訳】
『詩経』に、「殷の紂王の戒めは遠い昔のことではなく、極めて近い、夏の暴君桀王の時にある(失敗の洗例は遠くに求めなくても、すぐ目の前にある)」とある。

4月22日、孟子一日一言です。

きっと世の中の成功の条件も失敗の原因もたくさんの過去から法則のようなものもあるのでしょうね。

それを何度も繰り返しているのが人類なのでしょうね。

とくに失敗は二度と繰り返さないと思っていても戦争も犯罪も無くなることがない。

非常に愚かなものです。

しかし目の前のできることをしなければいけませんね。

明日も元気がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください