水とともに生きる|12月4日のことです。

Release: 2018/12/04 Update: 2018/12/04
Pocket

水とともに生きる

水を粗末にせぬこと。これが人のたしなみとして、どれほど大切なことかもしれません。恵まれ過ぎた私どもは、豊かな水、美しい水を、あたりまえと思って、永い間くみ上げ、くみしててきました。
この美しい水を飲み、水に養われて大きくなったものを食べ。物を着。物で建てられた家に住み。この水に育まれた山の野に、丘に森に、川に海に、雲、霧、雨、雪と千変万化の大自然の中に、水とともに生きている、このつきぬ喜び。
これをしみじみと思い、身をもって感謝するよすがとしたい。

12月4日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

北海道は日本の中でも水が豊富な地域というような気がします。

水に困った経験がありません。

蛇口をひねっただけで美味しい水がでる。

おいしい水が無償で飲める地域があるほど水に恵まれています。

そのことに普段感謝していませんね。

改めて感謝ですね。

生活するうえで大切な水です。大切に使わなければいけません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください