決死の覚悟|4月14日のことです。

Release: 2018/04/14 Update: 2018/04/14
Pocket

決死の覚悟

鉢巻は、いざという時、「我が身は神の占めるところとなれ。神様に差し上げるから、神よ、我が身を拠りどころ(依代)として乗り移れ」というような心持ちでしめたのである。決死の覚悟を決めたというしるしである。
そもそもスポーツにおいて、まわしをしめ、鉢巻を結ぶのは、「この技を祖神の照覧に供す。我をして生命を顧みず、全力をつくさしめ給え」という式である。
相撲など、この上、水を呑み塩をふって決死の式をとる。壮快といわねばならぬ。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月14日のことです。

鉢巻とはそういう意味合いのものだとはまったく知りませんでした。

なんとも思いのつまったものなのですね。

考えてみると運動会を思い出したり、特攻隊などを思い出します。

それこそ決死の覚悟ですね。

決死の覚悟で仕事も励まねばなりませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください