玉のごとき心で|11月29日

Release: 2019/11/29 Update: 2019/11/29
Pocket

玉のごとき心で

家庭に暗影をなげるものは、不平等であり、わがままであり、怒りである。これらがつのってくると、争いとなる。
争いは、自分一人を中心としてものごとを考えることから出発する。人をさげすみ、人を容れず、己一人を高しとする。
このような心の洗い去った、明るい、純一の心、これを持ち続け、養い高めていく。ついに、れいろう玉のごとき心境に到達する。そして、その家庭を理想の境に高めてゆく。
ここに豊かな文化が育ち、うるわしい文化人がはぐくまれる。

11月29日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

おはようございます。

本日はその言葉に尽きるのでしょうか。

自分一人が中心ではない。

たしかにその通りだと感じます。

頭で考えることを変えていかなければいけません。

攻められると人は防衛的に責任を転換したくなります。

自分がそうなっていないか常に問う必要がありますね。

それでもなる。それを抑える。

この苦しさが学ぶということなのでしょうか。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください