株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営 > 日記 > 丸山敏雄 > 生きていることは恵み|10月14日のことです。
Release: 2018/10/14 Update: 2018/10/14

生きていることは恵み|10月14日のことです。

Pocket

生きていることは恵み

世に喜びは多い。しかし「はたらき」の喜び、働く場所を得たよろこび、はたらきの自覚を得た喜び、これにまさる至純至高の歓喜はない。
私は一年半の独居静座の行によって、これを悟ったとき、一切の雑念が消え失せた。
生きていることが、すでに恵み、すでに歓喜である。
これまで人のいう「悩みの人生」とは実は、虚偽であり仮装である。まことに「人生は歓喜のルツボ」である。

10月14日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

はたらきを失ったとき、もしくは働くことが出来なくなったとき、これは人の役に立てなくなった時です。

それはとても悲しいし生きている間ははたらきたいものです。

ここでいう丸山敏雄先生の言葉は非常に感じるものがあります。

生きて働く。働いて生きる。

どちらにしても何かしら役に立っていたい。

そのためには健康でなければいけませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください