株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2019/07/09 Update: 2019/07/09

生きているとは|7月9日のことです。

Pocket

生きているとは

命は、目に見えぬ世界で、宇宙の本体と通じている。早い話が、人間一人ひとりは、電灯のようなものと思えないだろうか。ポツリと一つ光っているように見えるが、その実、電線で発電所と連絡されている。というより、ラジオと放送局のように、宇宙の本体と目に見えぬ世界を通じているのではないか。通じているということは、生きていること「いき」(往)「き」(来)しているということ。親の体を通して生まれて来た我らの体は、その根元は大生命(宇宙の本元)と、一亥も休みなく交通している。これが生きている姿である。

7月9日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

根本、根元を思えば不思議です。

人間も草も木も動物も自然の一部とはいえるでしょう。

他の星のはない生物というものがいるこの星。

奇跡の連続で成り立っているというのはたしかです。

その中での人間はまたひと際特殊かもしれません。

自分の頭のなかにも大宇宙をもっている。

所詮一人の悩みなどちっぽけなものなんでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください