生き物を愛する心|6月15日のことです。

Release: 2018/06/15 Update: 2018/06/15
Pocket

生き物を愛する心

屋敷の中に寄ってきた動物は、それが何であろうと、いじめぬように可愛がっていきたいものです。
チョウ、ハチ、アブ、ガ、小虫、二~三坪の庭にでも、いろいろの動物がやって来て、にぎやかなことです。
子供たちに教えて、生き物を愛していきましょうと、よくいってきかせておきますと、子供は、大人よりもこまやかな心で動物を愛するのです。
鳥の巣箱をつけてやったり、昆虫を助けてやったり・・・。

6月15日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

生き物を可愛がるというのは大事なことです。

たまに動物虐待のニュースがありますがどういう精神状態なんでしょうか。

生きるため、食べるために動物をということはありますが疑問でもあります。

調べると嗜虐的な人であるとありました。

大きなストレスで心が壊れる。

人それぞれストレスを感じる度合は違います。

よく表情や行動をみていく必要があるかもしれませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください