病気は正しい心から|5月26日のことです。

Release: 2019/05/26 Update: 2019/05/26
Pocket

病気は正しい心から

病気とは何か。気=精神が、自然の状態を失っているのである。
まばらな竹林に風が吹きこんで来ると、枝も葉も、ざわざわと動く。しかし風が過ぎると、さっと止んで、元の静けさに帰る。人の心も必要のある時には、活発に動き、それが去ると、元の静けさに帰って、何も残さぬ。これが人の正しい在り方だと、古人が教えてくれた。
ゆえに、正常な体を得ようとするには、何も残さぬ明るい心が、その根元である。肉体と健康と道徳上の正しい心、それはきっちりと一致する。

5月26日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

今のところ自然であると思っていますがどうでしょう。

しっかりと健康診断などいかねばなりませんね。

体と心は連動しているというのは正しくその通りで心のざわめきが体に影響するといことはあります。

やっぱりポジティブな心、前向きな姿勢、明るい笑顔。

体に重要なことです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください