絶地(ぜっち)には留まること無く、囲地(いち)には則ち謀り、死地(しち)には則ち戦う。(九変)|4月6日

Release: 2020/04/06 Update: 2020/04/06
Pocket

絶地(ぜっち)には留まること無く、囲地(いち)には則ち謀り、死地(しち)には則ち戦う。(九変)

絶地無留、囲地則謀、死地則戦。

「③絶地(国境から遠く離れ敵の領土内にある地域)には長い間駐留しない。
 ④囲地(敵軍に囲まれて進退のままならぬ地域)にはまったら、なんとか計略を用いて早くその地から脱出する。
 ⑤死地(絶対絶命の苦境)におちいったときには、生きるために懸命に奮戦する」
前日の①から今日の⑤までは、各地域の特長と、そのような地域にあるときの用兵の心がけを説明したものである。

4月6日、論語一日一話(孔子に学ぶ人生の知恵365)の言葉です。

おはよございます。

駐留してはいけない場所。

山林や湿地、交通の要所、国から遠く離れた場所、敵に囲まれている場所。

しかし、絶対絶命の場所では必死で戦う。

情況をしっかりわきまえることが大切なんでしょうね。

戦争で兵を動かすときの原則。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください