株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2018/01/13 Update: 2019/01/12

職場は神聖な舞台|1月13日のことです。

Pocket

人生真の喜びは、働きにある。真の働きは、己の聖職のほかにはない。ただ清き天職の中にある。その働きこそ、人生最高至上の喜びである。
このはたらきの前には病も消え失せ、貧乏は姿は消し、その他一切の不幸が陽光に照らされて無くなる暗影のように消滅してします。
職場は、こうした神聖なはたらきの舞台である。肉体は、その妙なるエネルギーの発源である。家庭は、この聖体の一夜の清きやすらいを守る聖堂である。

丸山敏雄一日一話、1月13日の言葉です。

働き方改革と言われておりますが、やはり仕事をしている時間というのは人生の中でもっとも多い時間ですね。

人間は一生涯でどれだけ働くのでしょうか?

どんな仕事でもそう感じて働く人がいる職場はどんどん良くなるでしょうね。

人に喜ばれる仕事をしなければなりませんね。

世のため人のために役に立つ会社や職場はやはり業績もいいでしょうから。

誰に何をどのように。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください