自然力を取り戻す|3月30日のことです。

Release: 2018/03/30 Update: 2018/03/30
Pocket

ネズミは火事のある前はすでに宿がえをして一匹もいない。鳥はその年の暴風を予知して、高い所に巣はつくらぬ。
動物は自然生活をしているからである。自然法のまにまに少しも我見我意をさしはさまぬ。その時、大宇宙意志そのままのすばらしい自然力が通ってくる。
私ども凡人も、その生活を自然にかえして無理を止めわがままほうだいを止めると、正しい生活原理がはっきりとわかって、文化人としての高い心境に常任することができる。それはだれでも、その生活を自然に引きもどし修練しただけ、そうなれる。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、3月30日の言葉です。

動物の生活を見てみますと日の出と共に起き、暗くなると行動を止める。

おなかが空くと食べる。

なかなか難しいことではありますが、心がけるということや考えることは出来そうです。

人間はわがままです。

わがままを少しづつやめることは必要でしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください