若し薬瞑眩せずんば|1月11日のことです。

Release: 2019/01/12 Update: 2019/01/12
Pocket

若し薬瞑眩せずんば

若し薬瞑眩せずんば厥の病瘳えず。(滕文公上首章)

もしくすりめんげんせずんばそのやまいいえず。(とうぶんこうかみしゅしょう)

【訳】
薬は飲んでめまいがする位でないと、病気は治らない(本気の努力をするのでなければ、何事もなすことはできない)。

1月11日、孟子一日一言の言葉です。

この時代はきっとそういう時代だったんでしょうね。

それぐらいでなければ効果はでないということなんでしょうね。

信念をもって向かわなければなりませんね。

本気で取り組むこと。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください