若し薬瞑眩せずんば|3月11日のことです。

Release: 2019/03/11 Update: 2019/03/11
Pocket

若し薬瞑眩せずんば

若し薬瞑眩せずんば厥の疾瘳えず。(滕文公上首章)

もしくすりめいげんせずんばそのやまいいえず。(とうぶんこうじょうしゅしょう)

【訳】
薬は飲んでめまいがする位でないと、病気は治らない(本気の努力をするのでなければ、何事もなすことはできない)。

3月11日、孟子一日一言です。

今の時代では少し問題があるように思いますが効き目がないと直りませんね。

本気になるということが一番重要です。

やろうやろうと思っても出来ないのが人間です。

モチベーションをどう上げていくか。

チームとかになると全員がそうならないといけないから大変です。

自分が本気になって伝えるしかないんでしょうね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください