苦難は人生の赤信号|9月2日のことです。

Release: 2018/09/02 Update: 2018/09/02
Pocket

苦難は人生の赤信号

これで不幸だ、災難だと恐れきらっていた人生の苦難は、実は「自然なレールからはずれたぞ、それでは不幸になるぞ」と注意してくれる赤信号であり、ほんとうの幸福の道にたちかえらせるためのむちであり、照明(しょうめい)であるのです。
私共は苦しみに出あって、正しい道に引きかえしますので、いつも安心して暮らせるだけではありません。正しい生活につれて、当然集まる物質(もの)、明るい環境(まわり)、健康とを身一ぱいにうけて、喜びの日々を送っております。この暮らし方こそ、「万人幸福の倫理(みち)」であります。

9月2日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

実際、自然のレールというものの方が難しいことかもしれません。

苦難や苦労は人生にはある程度つきものだと思います。

誰ものがそれを修正しながら生きていく。

幸福のレールは簡単なものではありませんね。

日々の葛藤を「ふむふむ」と解決してくれることは栞に書いてあります。

実践が大事ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください