言霊|1月19日のことです。

Release: 2018/01/19 Update: 2019/01/12
Pocket

言葉は、生命の発動である。たましいの息吹である。
生命とか、霊とかいっても、その発動以前は、有るとも無いともいえないでのある。稲妻のように、光らぬ前は電気の有無はわからないのである。
ひとたび発動して、ここに存在がある。この意味で、言葉は生命そのものである。たましいである。言霊というのは、このことである。

丸山敏雄一日一話、1月19日の言葉です。

言葉というのは人間そのものともいえるんですかねぇ~。

そう思えば簡単になんでも言葉にしてはいけませんね。

言霊はたましい。

それは自分の価値すらも結構決めるものかもしれません。

人の話をよく聞き言葉は選ぶことも必要ですね。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください