赤子を保んず|3月27日のことです。

Release: 2018/03/27 Update: 2018/03/27
Pocket

儒者の道は古の人赤子を保んずるが若しと。( 滕文公上五章)

じゅしゃのみちはいにしえのひとせきしをやすんずるがごとしと。(とうぶんこうかみだいごしょう)

【訳】
儒者の道では、古の聖賢が(人民を治めるには)あたかも母親が自分の赤子を保護するようにするという。

孟子一日一言。3月27日のことです。

たくさんの人の指導というのは母親の愛のような無償のものが必要なんですね。

人を動かす人間というのはまさしくこういう人でなければなりません。

私利私欲の人には人間はついてこないというのは普通に考えればあたりまえのことですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください