軽車先ず出でて其の側(かたわら)に居るは、陣するなり。約無くして和を請(こ)うは、謀るなり。(行軍)|4月28日

Release: 2020/04/28 Update: 2020/04/28
Pocket

軽車先ず出でて其の側(かたわら)に居るは、陣するなり。約無くして和を請(こ)うは、謀るなり。(行軍)

軽者先出居其側者、陣也。無約而請話者、謀也。

「戦車を先頭に立てて、その両側に兵士を配置して守りを固めているのは、陣地の構築にかかっているのである。対陣中、なんの前ぶれもなしに突如として講和を申し込んでくるのは、敵になんらかの計略がある証拠である」
ここの第一項は、陣地を構築した上で、その陣地を足場として総攻撃をかけてくる証拠ともいえる。
負けてもいないのに急に白旗を掲げてくる敵には、油断禁物である。

4月28日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはよございます。

より具体的ですね。

怪しい気配を感じ取れる力と、情報を収集して分析する力両方が必要です。

負けないようにしなければなりません。

「辞卑くして備えを益す者は、進むなり、辞強くして進駆(しんく)する者は、退くなり。」

敵の心理を読み取り、敵の行動を判断する。

相手の心理を看破する冷静な判断力が求められます。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください