陰の構え|9月28日のことです。

Release: 2018/09/28 Update: 2018/09/28
Pocket

陰の構え

弓道の極意は、的を狙って矢を中てるのではない。的と矢とが一つに合して、自らからにして中たる。矢の連続が的である。射放つのではなくて、的が弦をうながして、その力で矢を引きつけるのである。
的を、対立の目標とするのではない。敵として立ち向かうのではない。敵味方超越して、不二の逍遥するのである。この時、対者の一切は、すでに我である。陰の構えは、一切をそのまま受け容れる。がんばるのでも、構えるのでもない。ただ、やるのである。その時、すべては、心のままに、成る、生まれる、変わる。

9月28日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

対立するのではなく合致していく。

確かにそうかもと思いますね。

そういう気持ちになった時に良いものが世の中に生まれてくるのだろうと思います。

自分の出来ないが他人に向く。

それではいい仕事はできませんね。

ただただやり続けることです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください