食の自由の境地|5月24日のことです。

Release: 2019/05/24 Update: 2019/05/24
Pocket

食の自由の境地

世には、同じ物を食べる事をいやがったり、それがいかぬように思ったりする向きがある。これは間違いである。
ことさらに同じ物ばかり食べる必要がないが、得られない時は何日でも何カ月でも同じ物を食べて、少しもあきない。それでも、少しも体にさわらないという食べ方が、本当である。
お米の御飯はどうであろう。ミソ汁は、お茶は、たくあんは、年がら年中、同じものを同じ方法で煮炊きし、同じように食べる。そして、いよいよおいしく、いよいよ栄養になる。これが、食物に対する真の自由の境地と言える。

5月24日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

お米、味噌汁、お茶、たくあん。

考えてみると普段、実にいろんなものを食べている。

粗食が一番ですね。

だから太るんでしょうね。

いつでもどこでも食べる世の中は。

食べるものをしっかりと考えていくべきでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください