人生の意義②力を出し切る

Release: 2022/08/02 Update: 2022/08/02
Pocket

人生の意義②力を出し切る

自分が天からうけた力の一切を、生涯かけて出し切るところに、初めて、小は小なりに、大は大なりに、国家社会のお役にも立ち得るわけで、人生の意義といっても、結局はこの外にはないと言えましょう。【52】

「子曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲するところに従い矩を超えず。」

この学というのは単純な勉強ではなく、大学の道。修己治人の道。

こういう人物はどう育てれば育つのでしょうか。

幼い時から平々凡々なではない場合がほとんどですね。

人により幸せの定義は違いますが、常にこうやって自分と向き合う人物になれるというのは大事なことです。

自分を生かし切ってないです。

だんだんと体は衰えていきますから努力が必要になってきます。

様々な実践を試みるしかないですね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください