仕事の処理は修養の中心

Release: 2022/06/17 Update: 2022/06/17
Pocket

仕事の処理は修養の中心

仕事の処理いかんに、その人の人間としての偉さのほどが、伺えるとさえいえるほどであります。

実際われわれは、平生うっかりとしていると、仕事の処理などということに、修養上の一つの大事な点があろうなどとは、ともすれば気付きがたいのでありますが、事実は必ずしもそうではないのです。否、真の修養というものは、その現れた形の上からは、ある意味ではこの仕事の処理という点に、その中心があるとさえ言えるほどです。【175】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

実に反省してしまう26講です。

仕事こそが真の修養であるということは、言葉でわかっていますが、まったくなっていないと感じるとこです。

実際人生の大半は仕事に費やすわけですから、そこに修養があるのは当然ですね。

日々の仕事のために修養もあるし、修養のために仕事があるような気すらしますね。

そこに集約されるわけです。

一つ一つの仕事にどう取り組むのか実に考えさせられます。

本日の行動予定と言っても仕事の予定であるわけですし、仕事があるから日々が楽しいとも言えます。

どう取り組むかですね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください