生への感謝

Release: 2022/07/25 Update: 2022/07/25
Pocket

現代の人々は、自分が人身を与えられたことに対して、深い感謝の念を持つ人ははなはだ少ないようであります。仏教には「人身うけがたし」というような言葉が昔からいわれているのです。つまり昔の人たちは、自分が人間として生をこの世にうけたことに対して、衷心から感謝したものであります。【21】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

自分がなぜ人として生を受けたのか、ということを深く考えたことはありませんよね。

しかし、そういうことを考えるべきなんでしょうね。

時代により様々な考え方が出てきますが人間に生まれなくては考えることもできません。

そう考えると感謝というものが湧き上がってこないといけないのでしょうね。

今出来ることを精一杯やり、残った時間を読書に充てると教授が言っていたような。

時間の使い方も含めてしっかり考えたいところです。

真剣にやれることはそうないので健康に気をつけていきます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください