この場所で働く|4月17日のことです。

Release: 2018/04/17 Update: 2018/04/17
Pocket

この場所で働く

今いる家は、我にとってはただ一つのよき休みの場所である。
今している仕事、それは、世のため人のためにつくす唯一つの仕事である。これ意外に生きている意味はない。
そしてこの仕事のこの働きの報酬によって、私が、私の家族が、今日暮らしをたてている。
この場所で、今日一日…何の雑念もない、何の不満もない、よろこび一ぱいに力一ぱいに働く、働く、働きつづける。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月17日の言葉です。

今の目の前の仕事を一生懸命にやるということはとても大事です。

全力でやって限界になりませんと伸びしろは増えません。

しかし、自分はそれで踏ん張れても、働く人はそういうわけにはいきません。

そういう感覚を教えることは難しいのですがそれができませんと企業は衰退していくのでしょうね。

できれば伸びていくのでしょう。

それが経営者の役割ですね。

そうしますと自分が自分がではやっていけませんね。

その葛藤こそが経営者の楽しみかもしれません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください