これを校(くら)ぶるに計を以てして其の情を索(もと)む。曰く、主は孰(いず)れか有道なる、(始計)|1月4日

Release: 2020/01/04 Update: 2020/01/18
Pocket

これを校(くら)ぶるに計を以てして其の情を索(もと)む。曰く、主は孰(いず)れか有道なる、(始計)

校之以計而索其情。曰、主孰有道、(将孰有能、天地孰得、法令孰行、兵衆孰強、士卒孰練、賞罰孰明。吾以此知勝負矣。)

「彼我の優劣を比較するときには次の七条件をくらべる。

一、君主はどちらがよい政治を行っているか、
二、指揮官はどちらが有能か。
三、天の時と地の利はどちらが有利か。
四、法令はどちらが遵守されているか。
五、部隊はどちら強いか。
六、訓練はどちらがよいか。
七、賞罰はどちらが厳正か。

わたしはこれらの点を比較して勝負の見通しをたてる」

将は孰れか有能なる、天地は孰れか得たる、‥‥吾、これを以て勝負を知るかな。

1月4日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください