アリの教え|7月20日のことです。

Release: 2018/07/20 Update: 2018/07/20
Pocket

アリの教え

アリやクモなどは、人の害をしないばかりか、タタミの隅や屋敷のまわりに散らばっているきたない物を、全部運び去って清掃してくれるのです。
ですから、アリなどがタタミの上に上がって来たといって、神経過敏に掃き捨てたり、ひねりころしたりすることは止めましょう。
昔から、こうした動物が日頃しないしぐさをしている時は、何か教えてくれるものである、と言い伝えられております。動物は家族のうちですから、何の不思議もありません。

7月20日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

神経過敏というわけではありませんがアリの巣コロリを設置しています。

すみません。

クモもやはりクモの巣なんたらをまいてしまってました。

どちらも得意ではありませんが気を付けたいと思います。

自然の中にいるものは仕方ありませんが家に入ってくるのは微妙です。

うちはクモがたまに以上に発生します。

クモが多い家は他の虫が寄らないとも聞きました。

なんにせよ整理・整頓・清潔を心掛けたいものです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください