人ー求むることを知る|8月22日のことです。

Release: 2018/08/22 Update: 2018/08/22
Pocket

人ー求むることを知る

人、雞犬の放るるあれば則ち之れを求むることを知る。(告子上十一章)

ひと、けいけんのはなたるるあればすなわちこれをもとむることをしる。(こくしかみだいじゅういちょう)

【訳】
人間は、自分の飼っている鶏や犬がいなくなれば、探すことを知っている。

8月22日、今日の孟子一日一言の言葉です。

人間以外の動物が飼うということをしてるはずはないと思いますがどうでしょうか。

きっとこの飼うとか育てるということは人間だけが行なうもので他の動物にはないものかもしれません。

今となってはペットも家族で人間のようにお墓に入る。

自分の飼っていペットがいなくなればそれは探します。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください