仁義あるのみ|1月3日のことです。

Release: 2019/01/03 Update: 2019/01/03
Pocket

仁義あるのみ

王何ぞ必ずしも利と曰はん、亦仁義あるのみ。(梁恵王上首章)

おおなんぞかならずしもりといわん、またじんぎあるのみ(りょうけいおうかみしゅしょう)

【訳】
王様、どうして利益、利益とばかりおっしゃるのですか。大事なことはただ仁義だけです。

〇松陰は、「仁義は人の行うべき正道としてあるべき道であり、利はその結果として自然に得られるものである。ただし、利を目標とすれば、道理を失うことも少なくない」と記している。

1月3日、孟子一日一言の言葉です。

ずっと前からそうなんでしょうね。利益を目標にすることは問題が多い。

松陰先生が言うことは確かです。

仕事そのものがだれかの役に立つために行うものだからですね。

正しい道で役にたつことを行っていけば自然と利益がでるということですね。

利益がもしでないととすれば役にたっていないのかもしれませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください