凡そ戦いは正を以て合し、奇を以て勝つ。故に善く奇を出す者は、窮まり無きこと天地の如く、(兵勢)|2月19日

Release: 2020/02/19 Update: 2020/03/01
Pocket

凡そ戦いは正を以て合し、奇を以て勝つ。故に善く奇を出す者は、窮まり無きこと天地の如く、(兵勢)

凡戦者以正合、以奇勝。故善出奇者、無窮如天地。(不場如江河、終面復始、日月是也。死面復生、四時是也。)

「そもそも戦というものは、正規の戦術(正)を基本的に使い、敵の思いもよらぬ戦術(奇)で勝利を得るものだ。敵の意表をつく戦術(奇)を次々と出す者は、その窮まりないこと天地のようであり、(その尽きないこと大河の流れのようである。日月のように没してはまた現われ、春夏秋冬のように去ってはまた訪れる)」
竭(つ)きざること江河の如し。終りて復た始まるは、日月是れなり。死して復た生ずるは、四時是なり。

2月19日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

なぜこうするのかを考えなければなりませんね。

兵は詭道なり。

基本はあるが意表をつく。

いかにみんなの命を守りながら勝つか。

そのことばかり考えていかねばなりませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください