株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2018/01/09 Update: 2019/01/12

唯一不抜の存在|1月9日のことです。

Pocket

まことに、人の優越があるのではない、上下尊卑があるのではない。またその能力にも、技芸にも、甲乙があり品評されるようなものではない。
人がその正常心にあって、その全に生き、その満に働くとき、その人は常にある唯一不抜の存在である。
己の真に生きるとき、捨つべき一人もなく、絶対存在でない一人もないのである。
「己を尊ぶ」とは、この自覚に到達したものである。かかる絶対存在であると知るとき、世の荘厳、人の美、ここに極まる。

丸山敏雄一日一話 幸せになるための366話
1月9日の言葉です。

唯一不抜(ゆういつふばつ)

自分とういう存在は他にないということですね。

自分を愛するということは大切なことです。

渡辺和子さんの言葉の中にも自分が宝石だという言葉があります。

磨けば光りますね~。

今日もがんばりましょう。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください