国民の敬の高峰|12月23日のことです。

Release: 2018/12/23 Update: 2018/12/23
Pocket

国民の敬の高峰

千古の国土に悠久の古より住み、国をなし文化をなした日本民族、その一貫不変の連続相は何か、国土、これは他民族に取って代わられたことが無い。
民族としての思想は、独立自守、日出づる国としての自尊心高く掲げて、変わるところがなかった。
ここに民族愛の中枢として、国民が敬の高峰として、富士山のごとく高く清く仰いだのは、我が天皇であらせられる。
天皇制こそ、民族の創生した文化のうち、最も偉大崇高、日本民族思想の燦然たる栄光である。

12月23日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

これだけ長く続い歴史があるものは世界でもないと聞いたことがあります。

何かあればやはりそこを中心として国民がまとまる。

そこは歴史が証明しているんだと思います。

来年は元号が変わり天皇が変わります。

生涯であと一回くらいは年号が変わるかもしれませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

皇室カレンダー

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください