夫れ勢い均しきとき、一を以て十を撃つを走と曰う。(地形)|5月28日

Release: 2020/05/28 Update: 2020/05/28
Pocket

夫れ勢い均しきとき、一を以て十を撃つを走と曰う。(地形)

夫勢均、以一撃十曰走。

「彼我両軍の勢力が拮抗しているとき、一の力で十の力の敵と戦う羽目に陥ったばあいは、これを敗走するというのである」
謀攻篇で、”十なれば則ちこれを囲み”が用兵の原則だといっている。したがって、兵力がほぼ同じ場合には、十倍の攻撃しても負けるにきまっているから、敗走せざるをえない。
こういう作戦をするのは、指揮官がヘマだからである。これは天災ではなく、人災によるものだといえよう。

5月28日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

自軍の力と敵軍の力の差考えないで戦うには無能だということですね。

こちらが精鋭部隊でない、相手が精鋭部隊である。

同じ数なら絶対に勝てるわけがありません。

自分の軍の力、相手の軍の力をしっかりと見極めること。

3軍が1軍にはそもそも勝てないです。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください