奔走して兵車を陳(つら)ぬるは、期するなり。半ば進み半ば退くは、誘うなり。(行軍)|4月29日

Release: 2020/04/29 Update: 2020/04/29
Pocket

奔走して兵車を陳(つら)ぬるは、期するなり。半ば進み半ば退くは、誘うなり。(行軍)

奔走而陳兵車者、期也。半進半退車、誘也。

「敵軍の動きが右往左往してあわただしく、その上、戦車を連ねているのは、敵が決戦を期しているのである。
敵が進んでは退き、退いては進むというふうにぐずぐずしているのは、こちらを誘い出そうとしているのである」
”期”とは日時を決めること。ここでは一定の日時をきめて決戦しようと覚悟していること。
進むかと思えば退くというように中途半端なのは、わが軍を挑発しているのである。

4月29日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

進んでは退き、退いては進む。

とにかく怪しげな気配を感じとらなければなりません。

今のコロナの影響でどうなっていくか。

怪しげで仕方ありませんから注意深さも必要です。

会社が倒産してはどうにもなりませんね。

「孫子の兵法」心理戦に負けない知恵という本に大事な項目がありました。

ビジネス社会における経営者や管理職にも、君主や将軍と同じような役目、責任がある。

①顧客には、よい商品やよいサービスを提供する
②株主には、配当や増資でよい利益を供与する
③社員には、働きがいのあるよい処遇をする

この責任を果たすためには、会社を維持発展させなければならない。

負けない方法を模索していくしかありませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください