己をあざむく者は|9月19日のことです

Release: 2019/09/19 Update: 2019/09/19
Pocket

己をあざむく者は

約束の中で、最も破りやすく守りにくいのは、自分自身、「こうしよう」「これはすまい」と心にきめたきめごとである。
実は、一度口にした事、心にこうと定めた事は、宗教的に言えば神との約束となる。大宇宙に宣言したのである。これを破ることは、己の本心、己をかくあらしめたる大生命を冒涜する事となる。
己をあざむくと共に、天をあざむく者、どうして幸福を得よう。
世の中は、きめごとの集合集積で結びあっている。これを破れば、己の幸を捨て人の福を奪う。

9月19日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

どんだけあざむいているのでしょうか。

自分自身に反省しかありません。

やるやる詐欺師で本当にはやっていない。

何も変わっていない。

強がる必要もない。ただ自分との約束を守るだけです。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください