己を尊び人に及ぼす|12月8日のことです。

Release: 2018/12/08 Update: 2018/12/08
Pocket

己を尊び人に及ぼす

己の、大きな向上、躍進、完成は、己を空しくすることである。身をささげることである。ここに必ず真の幸福が添うのである。
己を尊ぶ心そのままを人に及ぼしてこそ、世界は尊敬の光につつまれ、愛の慈雨にうるおされて、地上の楽土が出現する。
己を尊ぶの極は、ささげるにある。ここに人を尊ぶと、一如の絶対鏡が現われる。ささげ尽くし己がなくなった時、一切が己となる。天地が己となる。小さい己は、消え失せて、天地と共に生きる不死永遠の絶対鏡である。

12月8日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

難しい言葉ですがなんとなくわかります。

自分を無くすほどに人に捧げ尽くしていると一切が自分になる。

これをできる人というのはそうそういないようにも感じます。

実際はすべて自分ですがささげつくすとい窮極のところまでいくとそうなるのでしょうね。

まずは身近なことからやってみるしかないですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください