希望は心の太陽|7月6日のことです。

Release: 2018/07/06 Update: 2018/07/06
Pocket

希望は心の太陽

夜が明けたから、日が出るのではない。日が出たから夜が明けて、万物が眠りからさめて、生々と活動をはじめるのである。
夜になっても、太陽はなくなったのではない。地球はいつも太陽の光明の中につつまれている。ただその半分だけは、しずかに休ませているのである。
希望は心の太陽である。つごうがよいから希望をもつのではない。一生に二度と出くわすことの出来ぬ仕事だから希望をもつのである。天から与えられた命、親からいただいた体だから、その前途にもえるような希望をもつのである。

7月6日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

太陽はいつも地球を照らしている。

たしかにそうです。

希望は心の太陽。希望というのは夢や志ともいえるものです。

やはり、すべてのことに目標設定が必要なんだなぁと思います。

しかし、失敗して学び失敗して学びという繰り返しなんですね。

今の一時間、今のこの瞬間にも感じるものがないといけませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください