心を空にする|1月22日のことです。

Release: 2018/01/22 Update: 2019/01/12
Pocket

何も心に止めぬ、残さぬ、ためぬ。いつも心を空にしている。
思ったらする、気づいたら動かす。
その時その場、いつも自然に、命一ぱいに、豊かに生きている。
不安もなく、不足もなく、朗らかに、和やかに、働く時は力一ぱい働く、休む時は何もかも忘れて休む。
これが大生命に生かされて、己のすべてに生きている姿である。

丸山敏雄一日一話(幸せなるための366話)の1月22日の言葉です。

思った時に全力で行い、休むときには何も考えない。

なかなかできなくなっていますね。

いかに自分が無駄な時間を過ごしていることか。

前のことが終わっていないのに次ぎのことをするのはいけません。

かかえこむ量も自分しっかり調整しなければなりませんね。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください