株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営 > 日記 > 孟子 > 恭敬にして実なければ|11月11日のことです。
Release: 2018/11/11 Update: 2018/11/11

恭敬にして実なければ|11月11日のことです。

Pocket

恭敬にして実なければ

恭敬は幣の未だ将はざるものなり。恭敬にして実なければ、君子虚しく拘むべからず。(尽心上三十七章)

【訳】
(賢者を迎えるには、礼物を贈るのが礼儀だが)礼物を差し出すより前に、尊敬の心というものがなくてはならないものである。もし、尊敬の心が礼物という形だけにとどまり本当のまごころがこもっていなければ、心ある立派な人をいたずらに引き留めておくことなどできない。

11月11日、孟子一日一言の言葉です。

国という単位となると王様ですから上から目線ということがあったんでしょうね。

賢者というか優れた人物を迎え入れる時に尊敬しないことがある。

これでは嫌になるのは当然です。

すぐ他にいっちゃいますね。

今は選挙で人物を選べるのですからしっかりと選ぶ必要があるでしょうね。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください