捨てる生き方|7月24日のことです。

Release: 2018/07/24 Update: 2018/07/24
Pocket

捨てる生き方

洋上で沈没したたくさんの船の乗客、その中で奇跡的にふしぎな命を助けられた人、それは何もかも捨ててしまって身一つであった人であった。
また、長途の行軍。ことに戦い利あらず退却の行軍を経験して復員してきた人たちに聞いてみると、その感想の一致するとことは、「物はもう何もいらぬ」ということであった。
事情がせまってくると、物では解決がつかぬ、かえって物はじゃまになる、ということである。

7月24日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

本当は7月23日の言葉でした。

ぼけてるんでしょうか。たまに飛ばしてます。すみません。

捨てるということは大事なことですね。

なんでも持ちすぎるとろくなことはありませんね。

明日も生きていると思っているから物をもつのでしょうね。

もし、明日死ぬとしたら何もいらないですね。

たまにそういう感覚を持つことも大事なことかもしれません。

そうすると捨てる勇気も持てますね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください